グループ名は自由に決めることができます。 (2) グループ作成. RedmineのJavaScriptからRedmineの内部データを取得する方法の中で、authenticity_tokenを使う方法と、REST APIを使う方法を紹介する。, Redmine自身のフロントエンドが呼び出している機能を利用する。 By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole, By "stocking" the articles you like, you can search right away.

RedmineのJavaScriptからRedmineの内部データを取得する方法の中で、authenticity_tokenを使う方法と、REST APIを使う方法を紹介する。 authenticity_tokenを使ったデータの取得. プロジェクトのタスクや課題、顧客の声、テスターのバグ報告にチケット管理システムを活用している利用者から多い要望として、「チケットの項目の並び替えをしたい、グループ化したい、非表示にしたい」がありました。, tracpath のチケット機能は、利用者が優先度やマイルストーンの項目をカスタマイズすることができませんでした。チケットの項目について可能なことは「コンポーネント」「マイルストーン」「優先度」「解決方法」「重要度」「分類」「バージョン」を表示しないようにするだけでした。非表示にするための方法も管理画面から項目を削除する必要があり手間のかかる操作が必要でした。, 例えば、チケットの入力担当者の業務によって入力項目を分かりやすくグループ化したり、必須項目とオプションで入力する項目を視覚的に分かりやすく分けて表示したりすることが活用方法としてあります。, チケットレイアウト機能は tracpath のプロジェクト毎に設定することが可能です。, 「グループを追加」ボタンを押下すると新しいグループを追加することができます。グループ名は自由に決めることができます。, 新しいグループを作成したら、チケットフィールドにある項目をドラッグ&ドロップで新しいグループに移動します。並び順も変えることができます。, 「最小化」チェックボックスはチケット詳細画面やチケット新規作成画面を表示した時、グループの項目を開いた状態、閉じた状態にすることができます。この機能は利用頻度の低い項目群に利用すると良いでしょう。, 最後に、「変更を適用」を押下してカスタマイズ内容を保存することを忘れないようにしてください。. Redmineの管理画面からグループを作り、担当者をグループに所属させるように設定してください。 この プラグイン に加えて、 Redmineのチケットの担当者を関係者のみに絞り込むプラグイン を入れればさらに便利になりますね!

これにより置き換えに使われるはずだったHTMLがアクセス可能な変数htmlIssueFormに代入される。, ここでは取得方法のみを軽く書いたが、APIによっては新規作成も更新もできる。 // Redmine 3.1以上の低負荷版。専用ページなので読み込み負荷は若干低くなるはず。, // REST APIのON/OFFに関わらずapikeyにはAPIキーの文字列が入る。, children,attachments,relations,changesets,journals,watchers, you can read useful information later efficiently. What is going on with this article? Redmineの管理画面からグループを作り、担当者をグループに所属させるように設定してください。, このプラグインに加えて、Redmineのチケットの担当者を関係者のみに絞り込むプラグインを入れればさらに便利になりますね!, プラグインを作るにあたって少しハマったこと。 何かしらのデータ作成や更新の機能があるページに埋め込まれている模様。, Redmine自身がチケット入力フォームを部分更新する際に使用しているupdate_form.jsを利用して、チケット入力フォームのHTMLと、HTMLをパースすることでチケットに入力可能なステータスなどの値を取得する。, ここで取得したhtmlIssueFormをjQueryセレクターの第2引数に渡すことで、